くせ毛カット、ハサミで切るか?レザーで切るか?

スポンサーリンク

ども、くせ毛マイスター野坂信二(@kusegemeister)です。

 

くせ毛カット、ハサミで切るか?レザーで切るか?

むはは、この気持ちむっちゃ分かる(笑)

オオイケさんは僕と同じようにくせ毛に特化した数少ない美容師さんの一人なんですよね。

 

二人でカット談義をしようと思ったら、ある男のクズ話にかき消されたのはいい思い出(笑)

 

僕はレザー寄りな両刀使いなんです。

 

そう。レザーとシザーでは切った時の切り口が全然違うんです。

同じ人間が同じ形のヘアスタイルを切ったとしてもまるで違った質感になるんですよね。

 

こだわりは特にない。

ベーシックカットをゴリゴリにやってた時はシザーでバチーっとしたカットしてたし、「くせ毛はレザーやろ!」ってオールレザーでカットしてた時もあったけど、今はシザーとレザーどっちも使う両刀使いです。

「カット中何考えてるの?」なんてことよく聞かれるんですが、僕はなんも考えてなくて。

カットに関してはある境地には達している感があります。

 

いつもレザーで切ってた人でも突如シザーでカットしたりして、「ハサミ使えるんですね!」なんて言葉をお客さんから投げられることもしばしば(笑)

 

結局は「人」

結局のところ、それらはイメージを具現化するためのただのツールでしかなく、あれがいいだのこれがいいだのの議論に全く意味はないように思います。

道具ないし、世の中には様々なカット技法が存在します。

有名なもので言えば、ステップボーンカットやフレンチカットグラン、ニューヨークドライカットなどなど。

 

それらそれぞれの共通点は、ある理論に基づいて体系化されているということ。

言ってしまえば、特に習うわけでもなく、自然にそこに行き着き、それとなしに同じように技法でカットしている人もたくさんいると思います。

もっと大きい概念である「カット」という括りで話せば、美容室に行き「カットが上手だなー」「カットあんまり上手じゃないなー」とかみなさん絶対感じたことがあると思います。

 

同じカットという括りでも上手・下手が存在しているわけだから、仮に同じ技法でカットをしている美容師たちにも当然のごとく上手・下手が存在しているんですよね。

自分なりのアレンジを加えて、その技法をより高みに昇華させている技術者もいれば、何も理解せず形だけ取り繕い、その技法を評価を失墜させてしまっている技術者も当然いるでしょう。

 

「この技術をやってます!」で得られる情報なんてものは実は微々たるもので、その技法をやっている、習得しているから上手とは言い切れないってのが現状。

 

そもそもカットに上手・下手があるのか?ってなくらいふわふわした存在で、結局のところは施術をする側とされる側の相性でしかないなーと思う今日この頃。。。

 

合わせてご覧ください。

くせ毛がコンプレックスだけど、縮毛矯正をかけずに生きていきたい。

2017.08.24

縮毛矯正をやめて、くせ毛を活かした髪型にするおすすめのベストタイミングとは?

2017.06.13

縮毛矯正をやめたい!くせ毛を活かしたショートボブに。【くせ毛カット実例 #4】

2017.05.14

 

YouTubeにて動画投稿もしています。

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

Twitterで毎日呟いています。フォローお願いします!

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。