5回ブリーチしたハイダメージくせ毛メンズに縮毛矯正してみた【縮毛矯正実例 #1】




にほんブログ村 美容ブログへ

ども、くせ毛マイスター野坂信二です

今日は【5回ブリーチしたくせ毛メンズに縮毛矯正してみた】の紹介

5回ブリーチしたハイダメージくせ毛メンズに縮毛矯正してみた

【ヘアDATA】

  • くせ毛タイプ・・・・・・波状毛
  • くせ毛レベル・・・・・・★★☆☆☆
  • ダメージレベル・・・・・★★★★★★★★
  • 髪の硬さ・・・・・・・・★★☆☆☆
  • 髪の量・・・・・・・・・★★★☆☆
  • 使用スタイリング剤・・・ホホバオイル

 

クセは緩くうねるタイプでくせ毛特有のパサつきは少なく、目立つパサつきはクセではなくダメージによるものですね。

 

ダメージ自体は、ブリーチ5回と全体カラーを何度も繰り返している髪なので、かなりのハイダメージです。

ただ、以前縮毛矯正をかけたのはだいぶ昔らしく、履歴としては残っていない状態です。

 

くせ毛自体そこまで強くはない+髪の毛も普通レベルの硬さなので、ダメージの割には比較的イージーに縮毛矯正ができますね。

ただ、薬剤選択を一歩間違えると、ビビリ毛になりかねないのでかなりの注意が必要。

 

イージーというのは、しっかりと薬剤選定ができる縮毛矯正上級者限定で、そうでない美容師さん的にはかなりの高難易度で、

施術依頼を受けてくれる美容師さん自体がかなり少ないと思われる案件です(笑)

 

BEFORE→AFTERと色の差は激しいですが、このハイトーンに縮毛矯正をした割には、かなり退色を抑えられたな、という感じです。

普段からダークトーンの方は縮毛矯正をしても、よほど強い薬剤を使わない限りは目立つほどの退色はないですが、今回のように数回ブリーチした上から色味をかぶせていたり、

白髪染めをしている方は薬剤によってはかなり退色する場合もあります。

 

 

ブリーチ毛の縮毛矯正は基本的には「できない」と言われています。

ブリーチ毛に縮毛矯正はそもそもできないよってアシスタントに教育している美容室も多いようですね。

色々な考え方がありますが、これは懸命な判断かな、と思います。なぜなら、ブリーチ毛の縮毛矯正は美容師側からすればハイリスクローリターン。

あえて危険を冒してまで自らの首を締めるのはバカですからね。それほど、ブリーチ毛の縮毛矯正は難易度が高いです。

 

需要もあまりないガチな隙間産業です(笑)

 

でも、こんな風に「どこの美容室でも断れてしまって、、、」という方のチカラになれるのは素直に嬉しいです。

それと僕自身、このような難しい案件の仕事をすればするほど縮毛矯正スキルも上がるし、このハードモードを楽しめてしまう変態なので、週一くらいでやりたいなーと思ってしまいます(笑)

何はともあれ、なんとかなってよかったです。

 

良ければ施術詳細書いたリリィブログもご覧ください。

5回ブリーチしたくせ毛メンズに縮毛矯正してみた

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。