【ヘアケア】かえって逆効果?トリートメントは髪を痛める!!




にほんブログ村 美容ブログへ

ども、くせ毛マイスターのっちです

 

今日はトリートメントについて語っていきたいと思います!

かえって逆効果?トリートメントは髪を痛める!

トリートメントは髪を痛める…そんな事実を皆さんはご存知でしょうか?

僕自身かれこれ5年くらいは「トリートメントは髪を痛める」の布教活動をしているのですが、昔よりはかなり浸透してきてるんじゃないかな?と思っております。

そしてまたこのブログで今一度良いことばかりではないトリートメントの裏の顔を暴いていきたいと思います。

 

そもそも髪は死滅細胞だから治らない(直らない)

直らないの文字がどっちが正しいのかは不明ですが、トリートメント云々を抜きにしても髪の毛さんの辞書の中には、「治る・直る・修復・補修」などの言葉は存在しません!!!

なぜなら髪は死んだ細胞(死滅細胞)であるため、一度カラーやパーマを始め、熱や摩擦などのダメージを受けた髪はずっとそのままで、

その部分を放っておいたりトリートメントをしたりしてもそのダメージが軽減したり、なくなることはありません。

どんなに高級な良いとされるトリートメントをしたとしても、それはあくまで誤魔化しでしかなく、髪が補修・修復されているわけではないということをまず念頭に置いてください。

 

髪につけるトリートメントは肌で言えばファンデーションの役割

女性の方であればこのような例えをすると、一発で「あーなるほど。」とご納得いただけるのではないのでしょうか?

髪につけるトリートメントというのは肌に置き換えるとファンデーションみたいなもので、

素肌の欠点を隠し綺麗に見せるためのもの → 髪のダメージを隠し綺麗に見せるためのもの

そう、ダメージを補修・修復しているわけではなく、あくまで隠しごまかすためのものなんです。

トリートメントとファンデーションにこのような共通点があるにも関わらず、このような誤魔化しをする際に必ずしなければならないことを肌ではしているのに、

髪にはいていないことがあるのですが何かお分かりでしょうか?そう、クレンジング(オフ)ですね。

髪は肌と違って何かをつけていたとしても、ファンデーションを肌につけている時とは異なり、付いている感や息苦しさはほぼ皆無だと思います。

 

「え、それをシャンプーで落としてるんじゃないの?」と思われる方も多いかもしれませんが、しっかりシャンプーで落とせている方もまた稀で、

現在市販されているシャンプーの大半は、シャンプー自体にもトリートメント成分が配合されているタイプが多く、

いわばクレンジングアイテムにファンデーションが配合されているような、めちゃくちゃな処方のものが多く市場に出回ってしまっています。

単純に「トリートメントは髪を痛める」「トリートメントをオフする」という発想がなければ シャンプーだけで、指通りが良い方が売れてしまうからです。

シャンプーでもトリートメントでも髪の毛に「足す」ことを繰り返していれば、ファンデーション(トリートメント)を幾層にも幾層にも上塗りをしている状態なのです。

これでは髪本来の機能は死んでしまい、少しずつ髪を痛ませる原因となってしまいます。

 

綺麗に誤魔化してしまうことによる二次被害

ファンデーションを1年中つけている状態を一次被害とするならば、これによってさらなる被害を生み、負のスパイラルに陥ってしまいます。

美容師的観点で見ればこれが一番「危険」なんじゃないかな、思います。

パーマや縮毛矯正などの化学反応を利用したケミカル施術を行う際、見極めなければならない重要なポイントがあり、それは「髪のダメージ具合」です。

 

単純にダメージが少なければ薬剤のパワーを強め、逆にダメージが多ければ薬剤のパワーを弱める調整をしていくのですが、

この時にトリートメントがファンデーションの役割となって、本来の髪のダメージを見極めることが大変困難になってしまいます。

この見極めの難しさが痛む原因たらしめる要因なのです。

 

例えば、「100」ある髪の体力が「50」まで過去のケミカル施術で削られていたと仮定すると、「50」と見極めて施術できれば何の問題もないのが、

誤魔化され綺麗に見せていることに気づかずに残り体力が「70」と判断してしまえば、

髪に対してオーバースペックな薬剤で施術してしまうことになり大きなダメージにつながってしまいます。

 

絶対にNG!なトリートメントのタイミング

みなさんが間違いを犯している点がもう一つあります。それはやってはいけないトリートメントのタイミングなのです。

それはパーマやカラー、縮毛矯正などのケミカル施術の直後なのです。

これもかなりびっくりする方が多いかもしれません。なぜならむしろするべきと各種メディアや美容師さんに勧められてきたからです。

ですが、僕自身はトリートメントを行う際最も最悪と考えるタイミングがこれらのケミカル施術をした直後なのです。

何度も言っているように、トリートメントをしても損傷した髪の毛が修復されたり、受けたダメージを軽減したり、なかったことにするなんてことは不可能なのです。

このタイミングでトリートメントをすることがなぜ危険なのか?

 

それは薬剤の残留成分の不用意に髪の毛の中に閉じ込めてしまい、その当日だけではなく、それから数日、数週間…

トリートメントが髪に残っている限り少しずつ髪の毛を痛めせてしまう原因となってしまうからです。

 

本来ならば美容室で処方される除去剤や普段のシャンプーで少しずつ髪の外に排出されるはずのものですが、

トリートメントで外側から髪を包み込むように膜を張ることで薬剤の残留を強く助長させてしまうのです。

トリートメントの負のスパイラル

髪を良くするためにトリートメントをする

ファンデーションのように髪に負担がかかる

誤った判断をされ、強すぎる薬剤を使われ痛む

髪の痛みが気になるからトリートメントをする

薬剤が残留してしまい、さらに髪を痛める

髪を良くするためにトリートメントをする

このようにトリートメントをすることで、かえって髪の毛を痛めてしまうような負のスパイラルに陥ってしまい、この連鎖から抜け出すことは簡単にはできません。

髪を綺麗にするためにしたはずのトリートメントが逆に髪を痛めてしまうなんて本末転倒ですよね。

トリートメントが「悪」なわけではない。

ここまで悪口を言いまくってきたトリートメントですが、一概に絶対にやるべきではない悪いものであるという認識も間違いです。

それは普段肌にファンデーションをつけている女性であれば、よく理解していると思います。

ファンデーションは素肌を根本的に綺麗にするチカラはないけど、一時的に綺麗に見せることは可能、そしてそれがメリットですよね。

 

トリートメントもそんな風に使ってあげることによってその効果を発揮します。

現在は、トリートメントをして髪をダメージをなくす!だったりとか持ちの良いトリートメントが持ち上げられていますが、

1ヶ月付けたままでも崩れないファンデーションをつけているようものなのでそれは、あまり良いとは言えないというのはここまで読んでくれた方には解って頂けると思います。

トリートメントもその日綺麗に見せれればいい!そしてしっかりオフをする!こんな風に使ってあげれば、髪への負担は最小限に髪を綺麗に見せてくれます。

 

そして、適度なトリートメントというのは髪の包帯や絆創膏のような役目を果たしてくれて、外部からの刺激から髪を保護して、

これ以上髪のダメージをなるべく進行させないように、と働いてくれるのです。

 

そして同時に、少量のファンデーションで肌を綺麗に見せるためにはそもそも素肌を綺麗な状態でいることが大切なのと同じように、

少量のトリートメントで髪を綺麗に見せるためには素髪を綺麗に状態を保つことがないよりも大切になってくるのです。

 

ぜひ、参考になさってみてください。

 

YouTubeで分かりやすくヘアケアの勉強を。

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪


Twitterで毎日呟いています。情報更新のお知らせもしているのでぜひフォローをお願いします。


★そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。



【↓気になるキーワードをタップで関連記事を見つけることができます。】

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。