縮毛矯正(ストパー)にかかる平均所要時間とその理由とは?【くせ毛専門美容師が解説】

スポンサーリンク

ども、くせ毛マイスター野坂信二です。

 

この記事を見てくれている方は、初めて縮毛矯正に挑戦してみようかなと考えている人かもしれないし、

いつも縮毛矯正かけてるけどなんでそんな時間かかんねんとか担当美容師さんの技術が下手くそだから遅いんじゃ、、、?なんて考えている人かもしれないですね。

今回は、そんな方達の疑問を解決していきましょう。

スポンサーリンク

縮毛矯正(ストパー)にかかる平均所要時間とその理由とは?【くせ毛専門美容師が解説】

結論からはじめに言っておくと、縮毛矯正にかかる所要時間は3〜4時間ほどが平均です。

加えて、髪質やクセの強弱、髪の量やかける部位などによっても所要時間は変わってきます。

したがって、実際の髪の毛を見てみないとそのかかっている時間が適正かどうかは判断することができないのです。

でも、平均としては3〜4時間ほどの時間がかかるということ。髪の状態によってかかる時間に個人差が生まれるということになりますね。

 

時間がかかる理由は、施術行程の数が多いから?

美容室で施術を受ける際には、そのあとに予定を入れてたりもするのでざっくりでも今からする施術二どれくらいの時間がかかってしまうのかは知っておきたいですよね。

カットなら1時間ほど、カットとカラーなら2時間ほどの時間は美容室での拘束時間となってしまいます。

この時点で「いつもそんなに時間かかってないよ」という方も入れば、「そんな早く終わるの!?」とびっくりされる方もいるかもしれません。

 

縮毛矯正がかかる時間に個人差があるように、カットやカラーに関しても縮毛矯正ほどではないにしろ個人差は生まれてしまいます。

それは、前述したように施術を受ける側(お客さん)の髪の毛の状態によって大きく左右されるし、施術をする側(美容師)の技術力だって大きく影響してくることでしょう。

 

くせ毛をストレートヘアにする縮毛矯正は3〜4時間ほどなので、他のメニューと比べると群を抜いて施術時間が長いですね。

かなり特殊系の施術を除けば、メニュー単体でかかる時間は全メニュー中1位となる美容室が大半だと思います。

ではなぜそれほど時間がかかってしまうのか?それは単純に行程の多さが一番の要因となってきます。

 

カラーリングを引き合いに出すと、、、

【カラーリングの行程】
カラー剤塗布 → (放置) → シャンプー → 仕上げドライ

 

【縮毛矯正の行程】
1剤塗布 → (放置) → シャンプー → ドライ → アイロン → 2剤塗布 → (放置) → 仕上げドライ

 

このように、行程の数だけでもカラーリングと比べると縮毛矯正は2倍の行程になってしまっていますね。

施術の前にプレシャンプーをしたり、塗布の仕方やそれぞれの放置時間などについては美容室ないし、美容師さんごとに差はあれど行程自体がガラッと変わることはないと思います。

縮毛矯正に時間がかかってしまうことはこのように『行程の数が多い』というは非常に強く関係していると言えます。

 

施術時間は、施術を受ける側の髪質が大きく関係している?

縮毛矯正とカラーリングの大きな違いは、薬剤やその他プロセスを決める際の判断材料が実は真反対なのです。

つまり、カラーリングは仕上がりに合わせて薬剤やその他プロセスを構築していくのに対して、

縮毛矯正はその対象の髪の状態に合わせて薬剤その他プロセスを構築していくという側面を持ち合わせています。

カラーリングは、ベースの髪の状態はそれらの判断をする上で必要なことではないかと言えば、それは間違いです。

あくまで判断する材料の中で選択する優先順位が異なるというお話なので誤解なきよう。

 

縮毛矯正における髪質での薬剤選定やプロセス、時間の関係を表にしてみるとこんな感じ↓

かなりざっくりした表なのでツッコミどころ満載ですが、素人さんはこんな認識でオーケーです。髪質が時間に関係していることは分かりやすいかと思います。

 

施術時間は、美容師さんの技術力も大きく関係している?

これも当然のことながらありますよね。

縮毛矯正自体の行程を省力することはできなくても、一つ一つの行程の無駄を省くことで時間短縮はできますよね。

やはり慣れていなかったり、段取りが悪かったり、無駄が多かったりするとかかる時間は無尽蔵に増えてしまいます。

髪質や髪の状態によっては想定外のことが突如起こってしまうこともなきにしもならず。その臨機応変な対応力も数々の経験則の為せる技ですよね。

 

縮毛矯正が上手な美容師さんは少数派???

縮毛矯正という技術は、美容師側から見ても少し異質な技術なのです。なぜなら、縮毛矯正は施術を希望する絶対数が他の施術と比べ、かなり少ないんですよね。

日本人の9割はくせ毛だと言われています。ですが、そのほとんどは「直毛ではない」という程度のくせ毛で当然縮毛矯正をかけるレベルではないんですよね。

縮毛矯正が必要なレベルのくせ毛って全体から見れば1割にも満たないほど少数なのです。

 

と、同時に縮毛矯正は上記に書いたように行程も多く、繊細さが強く要求される技術になるので、習得がかなり難しいです。

且つ、その場その場の臨機応変な判断能力が必要になるので、どうしてもどのくらい現場の経験を積んでいるかという経験則の乏しいアシスタントでは役不足になることが多いです。

それでも付きっきりで施術する時間の長い縮毛矯正は、重要なポイントさえもアシスタントに任せになりがち。

この点も時間がよりかかってしまう原因だし、失敗を招いてしまう原因となってしまいます。

 

ここまで書くと、何もわからない素人さんでも「あれ、縮毛矯正って実はすごくメンドクサイな存在」なんじゃ…と気づいた方もいるでしょう(笑)

そう、縮毛矯正やる人数が少ない割に、失敗というリスクが付きまとい、時間もかかり、付きっきり時間が多いために他のお客さんとの掛け持ち施術も難しいという、

なんともハイリスクローリターンな美容室メニューなのです。

 

単純な「商売」としてみるとここに足を踏み入れるのはアホ。非常に非効率的なんですよね。

だから皆やりたがらない。だから皆上達しないのです。

 

縮毛矯正をかけている人は基本的に数ヶ月おきに継続してかけています。

そして長年縮毛矯正をかけている方は縮毛矯正をしないとヘアスタイルが成り立たないほどクセが強い人もいるし、

何度も「ビビリ毛」や「根元折れ」「伸びない」といった失敗も経験されてきた方も数多くいます。

 

そして、縮毛矯正の失敗は取り返しのつかないこともよく理解をされているので、

口コミや紹介、今ならSNSの情報を頼りに縮毛矯正が得意で上手な美容師さんの所に集まるんですよね。

だから縮毛矯正が得意で上手な美容師さんのところには、単純な「数」だけではなく、

難易度の高く、美容師さんの縮毛矯正スキルをどんどんレベルアップさせてくれる存在もたくさん集まります。

 

かくいう僕も、「他店では綺麗に縮毛矯正がかかったことのないお客様」「他店で失敗されてしまったお客様」を数多く担当してきたし、今も継続的に担当させていただいています。

 

そんなこんなで美容師の縮毛矯正スキルを上げてくれる難しい素材、状態の髪を絶えず担当している美容師さんと

そんなに難易度のない素材を年に数回担当している美容師さんの縮毛矯正の技術格差は開いていいくばかり…というなんとも単純な理由が隠されていたのです。

スポンサーリンク

美容師ごとに得意ジャンルは違うという認識を。

なんか縮毛矯正下手な美容師さんをバカにしている印象の記事になってしまいまいたが、違うんです。

素人さんは美容師さんも美容師さんごとに得意ジャンルが違うんだ、という認識を持った方がいい。

 

病院には、内科や外科、小児科、眼科などがありますよね。

そしてそれぞれさらに細分化されていて、内科であれば消化器内科、循環器内科、代謝内分泌内科、腎臓内科など各種専門的な知識や経験が必要なのでしょう。

それぞれを専門としてやっていたり、得意ジャンルを絞っているお医者さんもごく当たり前に存在していますよね。

 

実は美容師さんも同じなんです。縮毛矯正下手美容師をディスってきたように思えること記事ですが、僕自身縮毛矯正に関しては得意・上手と自分でも断言できますが、

最近流行りの透明感のあるカラーリングなどに関しては全くもってできません。多分、見習いレベルでしょう(笑)

お客さんに「こんなカラーリングがしたい!」と言われても断ります(笑)それは、くせ毛や縮毛矯正毛とは相性があまり良くないからという理由があるからなわけですが、

リスク承知でもやりたいと言われれば、「得意な美容師さん紹介するからそっちでやってきてよ」とそういう感じです(笑)

 

闇雲に僕がやるよりも仕上がりもいいし、ダメージも軽減させてくれるでしょうからね。

 

まとめ

施術時間からかなり脱線したように思えますが、切り離すことのできない大切な内容をお話させていただきました。どうぞ参考になさってみてくださいね。

 

この動画でも縮毛矯正と時間についてお話していますので、ぜひ見てみてください!

 

縮毛矯正に関する記事をピックアップしてみました。

今日はこんなん。ほいじゃね♪

スポンサーリンク

Twitterで毎日呟いています。フォローお願いします!

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。