くせ毛を美髪にするために知っておくべき縮毛矯正とカラーリングの相性

縮毛矯正とカラーをしていても綺麗な髪




にほんブログ村 美容ブログへ

ども、くせ毛マイスター野坂信二です。

現代女性はカラーリングをしていない人を探す方が難しいくらいカラーリングの文化が浸透しています。カラーリングも当然ダメージを伴う施術ですので、美髪にしていくためには絶対に無視できない要素ですよね!

縮毛矯正とカラーリングの相性

縮毛矯正とカラーをしていても綺麗な髪

くせ毛の方が 綺麗なストレートヘアを維持していく上で、縮毛矯正とカラーリングの相性は ぶっちゃけかなり悪いです。今回はその辺を説明していきますね。

美髪を目指すなら色味は捨てろ!

大多数がするアルカリカラーには、主に手法が二つあります

  • フルカラー(根元の黒髪を明るくしつつ、毛先に色味を入れる方法)
  • リタッチカラー(根元の黒髪部分のみを毛先に合わせて明るくする方法)

現在はカラー剤も進化しているので 昔と比べればダメージを抑えたカラーはできるものの、薬剤を塗るということは、ダメージはゼロではない。それを毎回のように行えば、ダメージが蓄積していってしまうのは自然の道理ですよね

縮毛矯正とは、癖の強さだけではなく、髪のダメージ状況も薬剤選定やその他プロセスを決める上で、とても重要な要素になります。

ダメージがあればあるほど、強めな薬剤を使うことができず、且つストライクゾーンが狭くなってしまい 失敗のリスクが高まってしまいます。

ちなみにカラーリングは明るければ明るいほど、回数が多ければ多いほど、多くのダメージが蓄積してしまいます。それと比例して失敗のリスクも高まるということですね。

現在流行のハイトーンのカラーリングは、明るく(一回のダメージが大きい)色落ちも早いのでカラースパンも短く(カラー回数が多くなる)ので、相性は最悪 二つに一つの選択しか残りません。

一番気をつけるべきはセルフカラー

でも一番気をつけるべきは【自分で自宅で白髪染めをしている】パターンなんです。

これが縮毛矯正の失敗に繋がる理由はいくつかあります。

  • 1ヶ月未満の短い間隔で染める
  • 気になる生え際を必要以上にしっかり染めようとする
  • ダメージが判別しにくい

カラーリングと縮毛矯正は、美容師が施術した場合でも1ヶ月ほど間隔をあけることが賢明です。それを、伸びてきた白髪部分のみに薬剤を塗布する技術のない素人が、短期間の間に何度も染め、見えない襟足や後頭部部分と、気になる生え際の塗布量に何倍もの開きがあれば、当然染まり上がりだけでなく、痛み具合のバラバラ。

明るくない分、ダメージの判別もとても困難なので、綺麗に縮毛矯正をかけるのは非常に困難。よくある事例ですが、これを綺麗にクセを伸ばせというのは、いささか無理な話なんです。

唯一のメリット

そんなカラーと縮毛矯正の苦い関係性ですが、ただ一つだけメリットがあるんです。何かお分りでしょうか?

カラーリングの特性と縮毛矯正の特性を利用した逆転の発想なのですが、それは縮毛矯正の一ヶ月前にカラーリングをすると、縮毛矯正時の髪のストレスを減らし(薬剤を弱くできたりとか)総合的なダメージを減らすことが可能なのです。

ダメージヘアには強い薬が使えない=ダメージヘアは負担に弱い分弱い薬でもクセを伸ばせるということですね♪

ただ、これは縮毛矯正スキルがある程度高い限定での話かもしれません。結局は諸々踏まえてどうしていくかは、美容師さんと相談するのが良いと思いますよ。

市販のカラー剤と美容室のカラー剤の違い

今日はこんなん。ほいじゃね♪

縮毛矯正とカラーをしていても綺麗な髪

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。