【ヘアケア】痛んだ髪から美髪になるために最初にしなければならない1つのこと

スポンサーリンク

ども、くせ毛マイスター野坂信二(@kusegemeister)です。

広がり、パサつきのある髪よりも艶々サラサラで美しい髪の方が魅力的に感じる方が多いはずです。

では、そんなパサパサな髪を美髪に変えていくには何をすればいいと思いますか?

 

【ヘアケア】痛んだ髪から美髪になるために最初にしなければならないたった1つのこと

誰しもが一番に考えるのがトリートメントをすること、だと思います。

ですが、トリートメントは肌でいうファンデーションのような扱いのもので一時的に綺麗に見せることはできても、あくまでそれは見せているだけ。

実際に髪の痛みが中和され、綺麗になっている訳ではないのです。。。

トリートメントは髪を痛める!?【YouTubeヘアケア動画】

2017.03.13

ここでも触れているように、トリートメントは必ずしも髪に良い影響を与える訳ではありません。

だから闇雲に「髪が痛んだからトリートメントしよー!」みたいな発想は、むしろ逆に髪を痛ませてしまう結果になりかねないので注意が必要ですね!

 

トリートメントをしないならば、じゃあ何をすれば?と思う人もかなり多いと思います。

髪の毛を綺麗にするためには、実は「何かをすること」は大して大きな意味を持っていなかったりもするんですよね(笑)

 

まずは自分の髪の状況をよく把握すること。髪がそうなってしまっている原因を見つけること。

これが痛んだ髪から美髪になるために最初にしなければならない大切なことなのです。

 

悩みの原因を見つけること

髪の悩みは色々ありますよね。

ダメージ・パサつき・広がり・引っかかりなどなど挙げたらキリがありません。

 

でも「それぞれなんでそうなってしまったのか?」を見極めることってとても難しいんです。

美容師さんでもそれを正確に見極められる人って実は極々少数なんじゃないか?と最近僕は思い始めています。

だって、そう思わないと日々のサロンワークで「なんでこんな状況になったままにしてた!?」という場面にこうも頻繁に出くわさないはずですもん。

 

例えば、「髪がパサつく」という悩みがあったとしても、その髪のパサつきの原因は色々あるし、その原因によって解決策はまるで異なるものになるんですよね。

  • ダメージによってパサつく → カットもしくはトリートメントで解決
  • 癖によってパサつく → 縮毛矯正で解決
  • 梳きすぎによってパサつく → カットで解決
  • 間違ったホームケアによってパサつく → 正しいホームケアで解決
  • 間違った乾かし方によってパサつく → 正しい乾かし方で解決

 

というような感じで、悩みの「原因」によってその「解決策」が異なる訳です。

 

 

では、くせ毛のせいでパサついているのにダメージだと思ってトリートメントをしまくったり、痛んでるところを切る…なんて感じで、

その原因に対する正しい解決策でアプローチできていなかったらどうなりますか?考えてみてください。

 

はい、そうなんです。「どうにもならない」んですよね(笑)

 

間違ったアプローチでの効果はプラマイゼロ。むしろマイナス!?

こんな風に間違った対策を講じているうちは、その悩みは一生解決することはありません。

むしろ、どうにもならないどころかマイナスなんです。

 

わざわざ美容室に行って数時間鏡の前に座り、意味のないトリートメントやカットをしてその施術代を支払う。。。

うーーーーん、ネガティブだ。

 

ネガティブすぎる!

なんのためにもならないことにお金と時間と労力を削るなんて、この上なくネガティブすぎる事案です。

ただ、闇雲にやれ痛んだからカットだ、やれトリートメントだと盲目的にやる必要はないんです。

そのためにはやはり、その悩みの原因を知ること。これがとても大切だってことはここまでの説明でご理解いただけたかと思います。

 

そしてその悩みの原因を見つけることは、やはりプロである美容師の仕事。

自分でもある程度予測することは可能ですが、それはあくまで予測。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

「これだ!」と早合点してしまっては、今まで通りの負のループに陥るだけでなんの解決にもなりません。

 

ではどうすれば良い美容師さんに巡り会えるのか?

トリートメントを勧める美容師さんには注意が必要!

【髪の悩み→トリートメント】という図式が未だに一般的ですが、トリートメントで解決できることはほんの一部しかありません。

僕の中でのトリートメントは一時的な応急処置であり、真の解決策を講じるまでの時間稼ぎでしかない場合がほとんどなのです。

 

トリートメントは確かに艶を出し、指通りを良くする効果がある。それに多少ならくせ毛の減力もしてくれるでしょう。

でも、それはあくまで一時的。数回のシャンプーで剥がれてしまえば元に戻ってしまいます。

言うなれば臭いものに蓋をしているだけに過ぎず、トリートメント+αの提案がなければ「とりあえずトリートメント塗っとけ!」と逃げているように思ってしまいます。

 

ですから、くせ毛が原因でのパサついてしまっている場合

「毛先は髪の毛が痛んでしまっているので、トリートメントをして補修していけば髪の毛ツルツルサラサラで扱いやすくなりますよー!」

ではなく、

「毛先がパサついてしまっている原因は、ダメージのせいではなくくせ毛が原因なので縮毛矯正が必要ですね。

今回はカラーをさせていただいたので綺麗に縮毛矯正をかけるために3週間ほど期間を開けることをオススメします。

でも、その間の3週間何もしないままだとパサつきや広がりが気になってしまうので、今回の縮毛矯正までの繋ぎとしてトリートメントをしてみてもいいと思いますよ。」

というように後者の納得のできる、その後のことも考慮しての提案をしてくれる美容師さんなら安心して任せてもいいんじゃないかな、と思います!

 

髪の毛を綺麗にすることよりも美容師さん選びが実は一番大変なんですよね(汗)

まとめ

いかがでしたか?

髪の悩みの原因を見つけることは、素人さんには至難の技です。

でも、逆にプロと二人三脚で原因を見つけ、しっかりとそれに沿った正確なアプローチが出来れば、

今まで長年悩んでいたことが嘘だったかのように、簡単に見違えるような美しい髪が簡単に手に入れることができますよ!

合わせてお読みください。

【くせ毛にトリートメントは意味ない!】傷んでないのに傷んで見えるくせ毛の特性

2017.07.21

縮毛矯正をかけ続けると髪が傷んでしまうたった一つの原因

2017.06.24

くせ毛がストレートパーマをかけるべきではない4つの理由【縮毛矯正との比較】

2017.05.11

 

YouTubeにて動画投稿もしています。

ぜひ高評価&チャンネル登録をお願いします!

 

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

Twitterで毎日呟いています。フォローお願いします!

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。