ダメージヘアを綺麗にするには「年」単位の時間が必要です

スポンサーリンク

ども、くせ毛マイスター野坂信二です

 

今回は髪のダメージにまつわる話をしていきます。髪の悩みの中では、くせ毛と同じくらいかそれ以上ダメージで悩んでいる方が多いです。

悩んでる人が多い理由の一つに、簡単には改善出来ないという問題があります。その辺も少し掘り下げてお話をしていこうと思います。

ダメージヘアを綺麗にするには「年」単位の時間が必要です

髪はトリートメントをすれば綺麗な髪になれると思っていませんか?

  • トリートメントをすれば カラーやパーマのダメージをなかったことにできる
  • 傷んだ髪の毛を復活させることができる
  • ツルツルサラサラ手触りが良くなる

なんて 思っていませんか?実はこれ 間違いなんです。

傷んだ髪の毛は治らない

今のヘアケアの考え方だと「トリートメントで髪が治る説」を盲信している人が多いですが、これが実は全くの間違いで、傷んだ髪の毛を直すことはできないんです。

だから傷んだら痛みっぱなし、TVゲームのキャラクターのHP(体力)の概念によく似ていて、パーマとカラーなど、髪にダメージを与えることをすればHPは減り、ゼロになれば髪はパサパサ、最悪髪がプチプチと切れる「断毛」という現象が起こります。

ゲームのように薬草や回復魔法など、HPを回復させる術はなく、だからこそいかに痛ませないかが美髪にするためのキーポイントとなるのです。

「傷んでもトリートメントをすればいいや!」という対症療法的な考え方では、一生美髪にはたどり着けないのです。

髪は長い友達…

昔の人は 本当言葉を作るのが上手(笑)美髪は友達を長い間友達を大切にした者のみの特権なのです。

友達を足蹴にして、都合の良い時だけ機嫌をとっても時すでに遅しなのです。傷ついた友達の傷を癒すには それ相応の時間が必要なのです…!!!

話がズレてきました(笑)でも意外に的外れなことを言っているわけではないんです。例えばロングヘアのあなた、その傷んだ毛先がいつ生えてきた髪なのかをご存知でしょうか?

一目でわかる画像をどん↓

この方は腰くらいの長さになるのですが、頭皮から生えた髪がこの毛先に至るまで5年以上の年月を要するわけです。

髪は全てを刻み続ける

「傷んだ髪は治らない」これをちょっと視点を変えると、髪は全てを蓄積し続けるということにお気づきでしょうか?この画像の5年前に生えてきた髪の毛は、5年間のカラー、パーマ、縮毛矯正、シャンプーやドライヤー、コテのダメージ…本当にありとあらゆるものを蓄積しているんです。

ダメージヘアを綺麗なロングヘアにするには、悪玉の蓄積をできる限り抑えること。
傷んでしまった髪は、トリートメントではなくカットで対処することが、大切です。

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

Twitterで毎日呟いています。フォローお願いします!

そのまま下にスクロールしていくとその他人気記事・関連記事があるので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

野坂 信二

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。